銀行キャッシングでも過払い金の返済請求は出来るの?

過去の利息制限法をはじめとする法改正によってグレーゾーン金利は撤廃され、そして過去にグレーゾーン金利を使用した請求があった場合には過払い金返還請求ができるようになりました。
そのため貸金業者、消費者金融に対して過払い金返還請求をしたという人はかなり多いのですが、しかしながら銀行のキャッシングについてそういった話が聞こえることはあまりないでしょう。
ではそもそもどうしてそういった話がないのか、銀行のキャッシングに過払い金返還請求をすることはできないのかという疑問についてですが、まず「銀行のキャッシングに過払い金返還請求をすることはできないのか」という部分については可能であるというのが答えになります。
もし過去に20%以上の高利で貸し付けが行われていて過払い金が発生していたのであれば、それは返還請求を出せば返してもらえるお金と言うことになるからです。
ただ現実でそうした話があまり聞かれないということにも理由はあり、それが「銀行のキャッシングはもともと低金利で運用されていた」ということです。
銀行は消費者金融のように大量に貸し付けて利益を狙うというよりは、融資相手を厳選して低金利で確実に返済してもらうことを目的としていました。
したがってそこで請求される金利というのもグレーゾーン金利にではなかったというのが基本であるため、銀行のキャッシングを利用していたとしても過払い金返還請求をするのは難しいわけです。
もしどうしても気になるのであれば取引履歴を請求して自分で引き直し計算をしてみるのも良いですが、おおよその場合はそれも徒労に終わるでしょう。
キャッシングで即日借りれる【お急ぎの方必見】はこちら