個人事業の借入に対する審査の厳しさについて

日常生活の中では様々な局面でお金の必要性を痛感させられるものです。とりわけ個人事業主にとっては自らのビジネスを軌道に乗せ、または必要経費を過不足なく捻出するにはある程度のまとまった金銭的な余裕がなければ始まりません。こう言ったお金の支払いに応じて消費者金融の借入サービスを利用しようとする向きも多いようですが、しかしながら個人事業主が借入を行う上では審査が厳しいこともあるので注意が必要です。

というのも、消費者金融の借入基準は業者それぞれによって大きく異なり、サラリーマンや公務員などの収入の安定した利用者をメインターゲットにしているものもあれば、個人事業者や専業主婦、バイトやパートなども借入可能なものもあるなど実に様々。このような特質を理解しないまま、手当たり次第に申請を行うと全く趣の異なる業者に当たってしまい審査落ちする可能性も高いものです。そうならないためにもあらかじめネットの口コミなどでどこがふさわしいかをリサーチした上で申請先を決定するのがベストです。

また、消費者金融のキャッシングにはその用途を限定しないものが多いものの、しかし中には事業資金としての利用を制限するものもあります。このように利用目的を制限するローンに応募してしまうと時間的にも大きな無駄を被りますし、審査落ちすることで個人の信用度も降下する可能性が生じるので注意が必要です。

さらに消費者金融における借入では総量規制によって年収の3分の1を超える融資は禁じられています。経済力や返済能力の面でも、サラリーマンなどに比べると融資限度額が低く設定される可能性もありますので、その点も踏まえた上での申請が必要です。おまとめローン銀行などを調べて、総量規制外で借り入れる方法も考えていきましょう。